。。。日常をつれづれに書いてます。。。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.01.05 Saturday | - | - | - |
NY7日目〜ミートパッキング・SOHO・シルクドソレイユ〜
朝食はミートパッキングにあるPASTISで。

PASTIS
↑PASTISで貰ったハガキです。

この日は何とデジカメを忘れていくという失態の為、写真がありません!
というわけで、カタログなどでご勘弁ください。

ここのパンケーキは今まで食べたことがないような味わい。
生地にいろいろ練りこまれているようで、色はちょっと黒っぽくもっちりした感じ。
フレンチトーストも絶品とランランも大満足でした楽しい

PASTISの前にある、ガンズヴールホテルはデザイナーズホテルで、
とってもオシャレ。セレブも結構泊まりに来るそうな。
外観を是非写真に収めておきたかったなあ〜。
あとから、るるぶ見たら注目のホテルってとこに載ってました。

食事の後はミートパッキングを散策。

アン・アーネスト・カット&ソウでジーンズを見たり、
ステラ・マッカートニーに入ってみたりしたが、一番インスピレーションをかきたてられたのは「デスティネーション(Destination)」
↓H・P・FRANCEの商品も扱っているようです。
H・P・FRANCE

ほとんど値段は高いんだけど、世界に一点しかなさそう〜って思わせるんです。
ちょっとしたカットソーなら$100以内でもありましたよ。
買おうかどうしようか迷ったけど、すでにアウトレットで買いすぎたので、
次回のお楽しみにしました。

ここではミートパッキングのMAPももらえますよ!

↓こんなの。
ミートパッキングMAP

次はSOHOへ。

先日、食事しかできなかったので、ゆっくり回ることに。
ブルーミングデールズでセブンジーンズを見たり、
H&MソーホーやMISSHAへ。
MISSHAはBODYSHOPのようなオシャレさなのに、ドラックストアのように安い!デイリーユースにはもってこいで、ちょっと買い込みました(笑)

H&Mソーホーも中さんから聞いてはいたのですが、
「ユニクロのちょっとかわいい版」くらいに思ってたら、これが使える!
かなりリーズナブルで、休日の普段着や仕事着などに最適!

ちょっとしたカットソーなら$12〜ですよびっくり
しかも定番物から個性的なアイテムまでいろいろあってかわいい。
H&Mはチェーン店ですが、あなどれません!

夜はシルクドソレイユを見に行くので、少し早い腹ごしらえ。

SOHOにある「AQUA GRILL」というシーフード料理店で夕食。
生カキが有名な店で、生カキだけで20種類くらいある。
小ぶりなものからどどーんとデカイものまでいろいろ選べる。
今回は普通サイズを中心にオススメをチョイスしてもらい、
日本でいうハマグリも追加してもらう。

こんなところで生カキが食べれると思ってなかったし、
ハマグリの生なんて食べたことがなかったが、ほ〜んと絶品でした。
トッピングにバルサミコ酢とガーリックペースト、ケチャップなどがついていて、お好みでかけて食べます。

各々が頼んだメインディッシュも絶品。
私は「ホタテのソテー○○ソースかけ」みたいなのを選んだけど、
これもヒット。
レアなホタテと魚介のうまみが詰まった、なんともいえないソースが絡んで最高でしたイケテル

NYでの最後の晩餐が素晴らしく締められたな〜と中さんに感謝です。

ディナーを楽しんだのと日暮れが遅いせいで感覚が麻痺し、
すっかりシルクドソレイユには遅刻。

メトロを乗り継ぎ、専用バスで会場テントに向かうも、バスは私たちだけ。
なんとかスムーズに着けたが、20分くらい過ぎてしまった。

↓先日移動中の車から撮ったテントの様子。ここでやってます!
シルクドソレイユ

日本にいるときから待ちに待ったシルク・ド・ソレイユ!
サルティンバンコの頃から気になりつつも、ずっと行けなかった夢が叶いました!

演目は「Corteo」

シルクドソレイユ「Corteo」

最新演目なのか、常時やっている演目なのかわからないが、
イメージは中世ヨーロッパという感じで宗教っぽい感じもアリ。

言葉はフランス語・英語・スペイン語?などを織り交ぜてあるようで、意味はほとんど分からないが、ダイナミックな動きで十分楽しめる!
これぞエンターテイメントの極みだなあ〜と感じましたYES!

帰りにエンパイヤステートビルに上がって、高いところから夜景を見ようと二人で意気込んでいたのだが、交通事情で展望開放時間を過ぎてしまいあえなく断念。

23:00も過ぎ、最後の乗り換え駅まで来て電車を待つ。

が、待てど暮らせど望みの電車は来ない。

違う路線は次々やってくるのだが・・・

目的の電車は24:00過ぎると走らないとのこと。
24:00まで待ってこなければタクシーで帰ろうとひたすら待つ。

が、やっぱりこなかった。

仕方ないので路上でタクシーを拾う。
地図を見せたり、何度も言い直したりしながらやっと目的地が伝わる。

ランランはタクシーの運転手さんと一生懸命コミュニケーションをとってくれた。
私はほとんど英語が出てこない・・・脳が止まってるわ悲しい

なんとか家までたどり着き、良かったとひと安心。

予想外に遅くなってしまったので、明日の出発準備が夜中の3:30までかかってしまった汗
7:00頃に起きなければならないのに・・・


2006.05.04 Thursday 23:04 | NY旅行 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2013.01.05 Saturday 23:04 | - | - | - |









http://mog.jugem.cc/trackback/75
M o v i e
QRコード
M o b i l e
qrcode
A d v e r t i s e m e n t
スポンサードリンク

このページの先頭へ